大都市ではどのインターネットサービスでも利用しやすいですが、地方都市では光回線がいちばん利用しやすいです。

ネット回線については、光回線などの固定回線のほかwimaxのような無線インターネットサービス、そして格安SIMといった携帯を目的としたものがあります。

利用者は自分の用途に合わせて1つ、もしくは2つ以上の回線を契約して使用することになりますが、これらはどの地域に居住しているかによって使いやすいものかどうか、使用できるものかどうかが変わってきます。

人口の多い首都圏や関西圏などの大都市では多くの事業者が光回線のサービスを提供し、wimaxのサービス提供エリアの範囲も広くなっています。

また格安simについても実店舗がきちんと存在していることが多いので、故障や動作のトラブルがあったとしてもすぐに店舗で対応をしてもらえることからどのサービスを利用する時でも安心して使えるものです。

大都市在住の人はどのインターネットサービスを使用するかどうかについては、自宅が持ち家であるか賃貸であるかということや、予算や家族構成などさまざまな面から最も適したサービスがどれかということを考えた上で最も使いやすいものを選ぶことができます。

しかしながら人口の少ない地方都市部や山間部など居住している人が少ないという地域では、光回線以外のサービスを利用したいと思う時には前もって自宅で利用できるかどうかを確認する必要があるのです。

wimaxに関してはサービス提供が開始されて以降徐々にサービス提供エリアを広げてきており、現在国内で使用できるところはかなり多いのですが、一部の地方都市や山間部では提供エリア内であってもつながりにくかったり未だにエリア外であるというところも多くあります。

一方で格安SIMの場合は提供エリア自体は大手携帯電話会社とほぼ同じであるため、提供エリアに自宅が入っているかどうかということやつながりにくくなるという心配はしなくてもいいのです。

ただし格安SIMのアフターサービスについては時間がかかるケースもあり、地方都市においては実店舗がなく全て電話やメールなどでやり取りを行わなければならないものです。

そのため故障などの緊急時には連絡をしてから宅配にて代替機を受け取るまでに日数がかかってしまうなど、すぐに対応できなくて不便になってしまうことも多いのです。

そのため地方都市などにおいてインターネットを利用したい場合は光回線を第一に契約し、必要に応じてwimaxや格安SIMを併用して契約するという方法を取るべきです。